カテゴリー「おじさんのレポート」の2件の投稿

2007年11月24日 (土)

赤ちゃん成長レポート①

10月29日朝、会社出社したところ、巣箱の中にララが自分の毛をむしって作った保温材を発見、中の様子は見れませんが、もぞもぞ中で動いている様子です。

Cimg0882mini_2Cimg0870mini_5 出社早々大騒ぎでした。

Cimg0883mini 11月1日朝出社したところ、巣箱の入り口付近に小さな赤ちゃんを発見、きっとお母さんのお乳にしがみついたまま、外に出てきてしまったようで、あわてて写真を撮ったのでピンボケですが、元気そうにもぞもぞうごいていました。撮影後すぐにそっとおかあさんの作った羽毛布団の中へ戻してあげました(出産から3日目)

この時期長女とこっそり夜巣を見に来て静かにしていたら、ララが自分の毛を口でむしり始めて沢山口に含み、そのまま巣箱の中へ、赤ちゃんにお乳を静かにあげたあと、口の中の毛を子供達にかぶせていました。娘とその光景に感動、本当に良い光景を見せてもらえました。

ChibityanChokojrCimg0921mini

11月5日(生後7日目)巣箱羽毛の中でもぞもぞ動く赤ちゃん発見、当時まだ何羽かは判明していませんが、お父さんにそっくりな色の子とぶちの子でした

あとから確認したところぶちの子が4羽、茶色の子が2羽、(英語の色の呼び方がいまだ分からず)

Buchikun

Chachamaru

Chacha2

Kyoudai

Nanndanannda

↑11月12日13日、毛もふさふさ、めちゃめちゃ可愛いです、ララは時々巣箱に入ってお乳を上げています。この少し前からララのいらいらが始まりました。小屋の中に設置してあるケージであばれたり巣箱のとなりの策(ケージ内)を押してみたり掘ろうとしてみたり、私なりの解釈では、ララはケージの外に作ってしまった巣箱と水やえさがあるケージをつなげたかったのではないか、見ながら大自然を学ばせてもらいました。

しかたなく私はケージの入り口扉を取り外し、巣箱からケージにつながる通路を製作、取り付け完了ララに喜んでもらえるとおもったのに、ララは相変わらずイライラしながらケージ内で大暴れ(汗

Cimg1130mini

Cimg1132mini

Cimg1115mini

Cimg1099mini

Cimg1098mini

Cimg1096mini_3

Cimg1118mini

Cimg1120ini

Cimg1124mini

Mamato

11月17日生まれて20日たらずで、巣穴から出てきておおさわぎ、このころかララは穏やかになってきています。子供達は見るものすべてに興味いっぱい、昼間赤ちゃんがお乳をねだってもララはあげなかったので、もう乳離れかとおもったら、夕方めずらしく巣穴の中に赤ちゃん勢ぞろい、ララはしばらく中をのぞいていましたが急に巣穴の中にぴょん。まだお乳はあげていたのでした。私が関心していると一羽麦に夢中でミルクに遅れている子を発見、巣箱に連れて行ってあげたところ、その子も夢中でララのお乳のほうにもぐりこんでいきました。かわいかったー^^

こんな光景を見れるなんて、ララとの出会いに感謝感謝です。

おじさんとうさぎの他にも楽しいブログがいっぱい、
ブログ村さんにぶろぐひろばさん
下のリンクボタンでごらんいただけます^^↓

にほんブログ村 小説ブログ ノンフィクションへ にほんブログ村 小説ブログ コメディー小説へブログひろば Chokokotoba_3 人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

出会いから出産までのレポート

2007年10月29日

なごみの森(おじさんの会社脇)に六羽の赤ちゃんうさぎが生まれました^^血統書なんてものはありませんが、この子達は正真正銘、なごみの森で誕生した赤ちゃんです。お母さんはロップイヤーのララちゃん

Cimg0446 性格は食いしん坊でおてんばで頭のとても良い子です。おなかが空くと落ち着かなくなりますが、とっても良いお母さんぶりを発揮してくれています。

なごみの森の初代おかあさん^^血統書ならぬ、ここからの系図を今度作ってしまおうと思っています。

おとうさんのチョコ君

Mini 性格はおっとりしていて、いつももの静かです。触られるのが大好きですが、だっこは慣れていないせいか苦手です。みんなからも大人気、赤ちゃんを産ませようと思ったのも、このチョコ君の子供がみたかったから、ふりかえるとそんな気がします。

会社脇(なごみの森)でララを飼い始めたのですが、夜になっって私が会社をはなれてからは、ララは一人ぼっち、なんとなくこのままこんな寂しい環境でかっていたのでは、ララが死んでしまうのではないか、そんな気がしてどこかにホーランドロップの子供が安く売っていないか探していたところ、東村山でブリード販売をしている「ラパン」さんのサイトを発見。特売で5000円の子がいると書いてあり、会社がおわってから一時間の道のりを車で向かいました。

小さなショップの中には沢山の子うさぎがいて、5000円の子もいたのですが、外でかっていることや、いつか武蔵五日市に会社で所有している森で、たくさんの子供達のためにうさぎを飼いたいなど店長にいろいろお話したところ、正直「子供達のおもちゃんするなら、うちのうさぎは売れない」そう言われました。

その言葉で私は、このショップは信頼の置けるショップだと思わせていただき、店長にいろいろうさぎのことなど質問、しばらくお話させていただいたところ、店長さんも私のことを少し信頼してくださり、売り物でなくもともとブリードとして残していたという、チョコ君を譲ってくださることになりました。私は会社にもどりチョコを迎える準備を整えて、数日後、再び東村山のラパンさんへ向かいました。

チョコは昨年の11月生まれでかなり大きくなっていましたので、向かう途中、心の中で一羽の若い男の子が気になりだしていましたが、チョップの入り口でガラス越しにこっちを見ていた茶色いチョコを見た瞬間、やっぱりこの子だ、そう確信、店長にあらためてお願いしてチョコを譲っていただき会社にもどりました。

会社に向かう車の中で、チョコは何度も箱から顔を出したり、とにかくおっとりしていて愛嬌があって、やっぱりこの子でよかった、私はそう思いました。

Cimg0483mini 店長はホーランドはトイレのしつけは難しい、そうおっしゃっており、すこし心配だったのですが、チョコは新しい環境に付いたとたんトイレをすぐに覚えてしまい、今ではまったく手のかからない良い子です。はじめ反対していた妻もチョコを見たとたん可愛くて仕方ないといった様子で、子供達からはじめはママは要らないっていってたのに、一番かわいがってるねと笑われていました。

はじめララの小屋の横にチョコの小屋を設置、二人とも興味津々、少ししてチョコの小屋にはまったく日があたらないので、かわいそうと小屋を大改造、少し広めの小屋のなかにケージをセット、またしてもチョコ君は環境に慣れて、トイレは絶対に小屋の中でなくケージの中に用意したトイレでしてくれるようになりました。

Cimg0881mini Cimg0439_2 今年2007年はすごい猛暑でララとチョコが乗り越えてくれるかとても心配だったのですが、二人とも凍らせたペットボトルにしがみついて、しっかり病気になることもなく、乗り越えてくれました。

秋になって、私はララとチョコの赤ちゃん誕生に挑戦、前々からの計画をスタートしました。

ホーランドロップの出産など経験のない私ですが、ネットでいろいろ調べているうちに、とても参考になる記録などを見つけることが出来、そのサイトを見せてもらいながら、はじめに男の子と女のお子を一緒にするときの注意として、男の部屋、もしくは別の部屋でも最初に男の子を入れた部屋に女の子を入れることを知り、さっそくララをチョコの部屋に連れて行きました。

はじめてララをチョコのもとに入れたとき、チョコはびっくり、同時にすぐにララの元によっていって乗りかかって腰を降り始めました、でもララは逃げてばかり、しばらく見ていて、ララがチョコの上にのっかってしまったり、初めてのチョコ君も疲れたのか、ぐったりしていたので、その日はあきらめてララを元の御部屋にもどしました。ララもチョコもはじめての体験でぐったり。ララもショックがあったのか、その日は私がフルーツを上げようとしても近寄ってきませんでした。

数日後、再度挑戦、男の子は交尾に成功したとき「ぶー」と鳴いて、横か後ろにどてっと倒れる、白目をむいてしまう子もいると、聞いていたのですが、その日、チョコが腰を振っている最中、ララが腰を少し持ち上げ、その直後チョコがネットで聞いたとおり、「ぶー」と鳴いて横にほんとうに見事にひっくり返りました。「あ、、」私は思わず声をだしてそのあと笑ってしまいました。

その翌日、ララの小屋の下の工事のため、彼女をチョコの部屋に連れて行ったのですが、いつもなら腰をふって追いかけるチョコがララをいたわるような姿をみせはじめました。ララとチョコはよりそって本当に仲良さそうにくっついて、御互いに頭を口でかきあったり、これはネットでも見たことのない光景でした。

Cimg0650mini_2 小屋の修理が終わって二人を引き離すのが可愛そうになり、しばらくふたりっきりにしてあげました。

数日後ララがいつも以上に穴掘り行動を頻繁にするようになり、調べたとおりこれは間違いなく妊娠しているとおもいました。二人が結ばれた日が9月26日、およそ一ヶ月で赤ちゃんが生まれると聞いていたのですが、出産の10日くらい前になると、お母さんになる準備に巣箱に巣材の牧草を運び込むと知り、さっそく巣箱を購入、ケージの中にせっちしたのですが、どうも小さい気がして、ララの大きさを考えて大きめの巣箱作りをはじめました。かなりでかく作ってしまいましたが、途中多少問題はありましたが、後々考えるとこのくらいあってよかったような気がしています。

Cimg0882mini出産予定日を10月26日くらいとかんがえその10日前に完成した巣箱を小屋に設置、上に載ることも出来るようにあれこれ悩みながら一日掛けて造りました。制作費はおよそ3000円くらい、

巣箱をセットしたところララはうろうろ覗き込んでいましたが、まったく興味なしという顔で離れていってしまい、少しがっくり、でももうじき使ってくれるだろうと前向きに考えながら巣箱に沢山の牧草を入れておきました。

それから数日後、朝ララの前に行くと巣箱の前に牧草を入れてあった小さな木箱がうごかしてあり、中の牧草が空っぽ、巣箱を見ると中には明らかにララがくつったと見られる牧草で積み上げられた目隠しのようなものがありました。私はうれしくなって牧草いれに沢山の牧草を追加したところ、ララはその牧草を沢山加えては、巣箱の中に入り、又加えては入り巣作りをせっせとはじめました。

巣箱を設置してしばらく知らん振りの姿をみて、この妊娠してないのか?なんて少しがっくり来ていましたが、がんばって巣を作っているララを見ていてうれしくなってしまいました。

それからというもの、毎朝毎朝巣穴をのぞいては何時生まれるのか気になっていましたがある朝、巣箱の中にララが自分の毛をぬいて山にした保温材を目にして、私は会社で大騒ぎしてしまいました。

まだなかは確認できませでしたが、鼻の頭に血をつけて、あちこち毛をむしって痛々しそうにしているララの姿に感動して、私は会社したからセリとクレソンをたっぷり取ってきてララにあたえました。ララはうれしそうに葉っぱをほおばっていましたが、しばらく食べて疲れたのか眠りだしてしまいました。

Cimg0875mini_2Cimg0870mini_3 Cimg0876mini チョコはお父さんになったんですが、当然というか

まったく関係ない顔で牧草を食べていました。

なんとか無事に赤ちゃんが誕生、その後の成長は赤ちゃん成長記録レポートへ、、、つづく

おじさんとうさぎの他にも楽しいブログがいっぱい、
ブログ村さんにぶろぐひろばさん
下のリンクボタンでごらんいただけます^^↓

にほんブログ村 小説ブログ ノンフィクションへ にほんブログ村 小説ブログ コメディー小説へブログひろば Chokokotoba_3 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)